★雑誌掲載翻訳文献一覧


J-VET:Journal for Veterinary Practitioner

株式会社 インターズー


1.犬の非緊急外科手術における大動脈血流量の経食道モニタリング

July 2003 No.192 p50-57
「Transesophageal monitoring of aortic blood flow during nonemergent canine surgeries」

2.発育期整形外科疾患を原因とする犬の跛行:汎骨炎,レッグ・ペルテス病,肥大性骨異栄養症について

August 2003 No.193 p14-23
「Canine lameness caused by developmental orthopedic disease:panosteitis,Legg-Calve-Perthes disease, and hypertrophic osteodystrophy」
Compendium Vol.25(4) April 2003 p282

3.犬における麻酔後の気道虚脱および低酸素血症でのベンチレーター管理の成功例

August 2003 No.193 p60-66
「Successful ventilatory management of post anesthetic airway collapse and hypoxemia in a dog」

4.小動物における急性うっ血性心不全の治療

September 2003 No.194 p14-16
「Treatment of Acute Congestive Heart Failure in Small Animals」

5.心肺停止時のバソプレシンの適応:その議論と有望性

November 2003 No.196 p30-32
「Use of vasopressin in cardiopulmonary arrest:controversy and promise」

6.パラセタモール中毒(アセトアミノフェン中毒)

March 2004 No.201 p38-42
「Paracetamol poisoning」

7.静脈性尿路造影ー手技と正常像

July 2004 No.205 p38-40
「Intravenous urography-technique and normal appearance」

8.セルフアセスメントー画像診断

August 2004 No.206 p53-55
「Self Assessment-Ragiography」

9.犬の四肢骨肉腫:パート1

October 2004 No.208 p52-55
「Canine appendicular osteosarcoma:Part I」

10.犬の四肢骨肉腫:パート2

October 2004 No.208 p56-59
「Canine appendicular osteosarcoma:Part II」

11.膝蓋骨内方脱臼の外科的整復ーパートI

December 2004 No.211 p36-42
「Surgical correction of medial patellar luxation - part I」

12.膝蓋骨内方脱臼の外科的整復ーパート II

January 2005 No.212 p48-51
「Surgical correction of medial patellar luxation - part II」

13.膀胱切開術

February 2005 No.213 p32-38
「Cystotomy」

14.膀胱切開術と膀胱造瘻チューブの留置

April 2005 No.215 p30-33
「Cystotomy and cystostomy Part 2 : Cystostomy tube placement」
UK VET Vol.9(1) January 2004,p20

15.圧迫に関連した創傷:予防と治療

April 2005 No.215 p34-39
「Pressur - related wounds: Prevention and treatment」
NAVC clinician's brief December 2003 ,p8

16.外科ドレーン:パート1

June 2005 No.217 p65-69
「Surgical drains: Part 1」
UK VET Vol.9(3) April 2004,p20

17.外科ドレーン:パート2

June 2005 No.217 p70-73
「Surgical drains: Part 2」
UK VET Vol.9(4) May 2004,p24

18.犬の鼻腔腫瘍

July 2005 No.218 p60-65
「Canine nasal tumours」
UK VET Vol.9(4) May 2004,p40 

19.難治な創傷

October 2005 No.221 p47-49
「Problem wound」
NAVC clinician's brief, April 2005,p25

20.創傷治癒と再建手術 パート1:皮膚の解剖

November 2005 No.222 p18-24
「Wound healing and reconstructive surgery Part1 :Anatomy of the skin」
UK VET Vol.9(7) September 2004, p22

21.基本的な外科器具使用法

November 2005 No.222 p26-31
「Basic surgical instrumentation」
UK VET Vol.9(7) September 2004, p32

22.膝蓋骨内方脱臼

November 2005 No.222 p32-36
「Medial Patellar Luxation」
NAVC clinician's brief May 2005,p42

23.横隔膜ヘルニア

November 2005 No.222 p37-39
「Diapharagmatic hernia」
NAVC clinician's brief Apri 2005,p59

24.小動物整形外科での縫合固定装置

February 2006 No.226 p46-49
「Suture anchoors in small animal orthopaedics」
UK VET Vol.10(1) January 2005, p32

25.小動物外科における術前および周術期の抗生物質の役割

April 2006 No.228 p36-41
「The role of pre-and perioperative anitibiotics in small animal surgery」
UK VET Vol.10(3) April 2005,p16

26.犬の慢性上腕二頭筋腱滑膜炎の理学療法

September 2006 No.233 p42-49
「Physiotherapy management of chronic biceps tenosynovitis in a dog」
UK VET Vol.10(5) June 2005 ,p66

27.犬の尿失禁 1.診断

March 2008 No.252 p37-44
「Urinary incontinece in the dog Part 1:Diagnositc approach」
UK VET Vol.11 (6) July/August 2006 p17

28.犬の尿失禁 2.先天性尿失禁の鑑別診断と外科療法

April 2008 No.253 p44-51
UK VET Vol.11 (7) September 2006 p24

29.犬の尿失禁 3.後天性尿失禁の鑑別診断と外科療法

May 2008 No.254 p44-52
UK VET Vol.11 (8) November 2006 p23

30.直腸皮膚瘻 症例報告・人工肛門形成術

October 2008 No.259 p28-37
「Rectocutaneous Fistulas」
Compendium Vol.30(4) April 2008 p224

31.非固定式の創外固定?-犬の肘関節・股関節・足根関節の新しい創外固定法-

September 2009 No.270 p39-45
「Nonrigid External Fixation of the Elbow, Coxofemoral,and Tarsal Joints in Dogs」
Compendium Vol.30(12) December 2008 p648


その他,

ウォルサムフォーラム ビデオシリーズ

株式会社 メディカルサイエンスVol.18

1.片側椎弓切除術
2.犬同士の攻撃性
3.子猫の遠位脛骨骨折の整復
4.パルスオキシメーター
5.猫の尿石症

WAHA 会誌

1.犬の結腸疾患の病態生理と管理

Compendium on Continuing Education WAHA No.14
p101~115
「Pathophysiology and Management of Canine Colonic Diseases」

2.骨格環状外固定に骨変形の治療

Compendium on Continuing Education WAHA No.15
p144~154
「Treating Bone Defomities with Circular External Skeletal Fixation」

3.経口軟骨保護材 パートI 一般的な化合物

Compendium on Continuing Education WAHA No.15
p155~162
「Oral Chondroprotective Agents.Part I. Common Compounds」



★雑誌掲載記事


AS(アニマルスペシャリストのためのワークマガジン) インターズー

1.2009年11月号 特集:注意すべきポイントを教えて!「心臓病患者の看護」 p9~23
2.2010年3月号 (No.242)新・今さら聞けないシリーズ 第24回
 「心臓病に関連する緊急処置について知りたい!」



★学会発表


平成23年度 獣医学術近畿地区学会(近畿三学会)

「感染源不明の細菌性膝関節炎を良好に内科管理できた犬の1例」

平成24年度 獣医学術近畿地区学会(近畿三学会)

「猫の胆石による肝外胆管閉塞の1例」
小動物分野にて奨励研究褒章を受賞。

平成25年度 獣医学術近畿地区学会(近畿三学会)

「Gシェパードの膵外分泌不全とリンパ球性プラズマ細胞性腸炎を伴った肛門周囲瘻におけるレーザー療法の1例」
小動物分野にて奨励研究褒章を受賞。

平成26年度 獣医学術近畿地区学会(近畿三学会)

「脾臓血管肉腫破裂に対して半導体レーザーとインドシアニングリーン修飾リポソームを用いた光線温熱療法により長期生存が得られた1例」

平成28年度 京都市獣医師会症例発表会2016

犬の橈尺骨骨折はどの治療が最も癒合不全を回避できるのか?
(整形外科専門医ではない我々が実施可能な方法からより失敗の確率が少ない方法を目指して相談しよう!!)

京都市獣医師会 症例検討会2017

「GDV再発症例から考える新しい胃腹壁固定法の犬の4例」



★動物骨折/脊椎治療の専門コース


AOVET Small Animal Principles Course を終了。
AOVET Small Animal Course - Advances in Frcture Treatment を終了。
Synthes Vet Spine Seminar 2012 を終了。



★海外での学会参加・講義&実習・病院実習(見学)・留学など


Pennsylvania大学にて夏期の短期留学。(1996)
VCA West Los Angeles Animal hospitalにて病院実習/見学。(Los Angels, 2000)
North America Veterinary Conference 2003に参加,Florida大学にて小動物講義&実習コース に参加。(2003)
Annual HVMA Meetings 2007に参加。(2007)
Western Veterinary Conference 2011に参加, Oquendo Centerにて小動物整形外科実習。(2011)
LIAN Animal Clinicにて病院見学。(Malaysia,2011)
Oquendo Centerにて小動物軟部外科手術トレーニングに参加(Las Vegas,NV 2014)





and more