なかよしクラブ

わんにゃんドック

手術&レーザー

当院について


院長挨拶


院内紹介


検査機器紹介


社会貢献活動

検査機器紹介

ご覧になりたい機器をお選びください

動物用血圧計 petMAP

動物用血圧計 petMAP
動物の血圧検査の目的】
主にその動物が高血圧かどうかを調べます。
高血圧は人と同じように、心不全や腎不全などの指標のひとつとなります。
「猫の腎不全に続発する高血圧症が網膜剥離などの眼病変を引き起こす」といわれています。様々な病気や合併症の早期発見のために血圧測定は欠かせません。
低血圧はさほど心配ありませんが、あまりに極度なものだと貧血や大出血などを疑うことができます。
【動物の血圧検査の方法】
前肢か後肢か尻尾のいずれかにカフを巻いて測定します。
一回の測定で、拡張期血圧・収縮期血圧・平均血圧・心拍数がわかります。
注意点としては、動物は病院・診察室・他人・知らない何かを付けられた、ということで血圧が上がってしまうので、測定時は少し安静にして状況に慣らしてからがよいでしょう。
また、普段の血圧を知るために日頃から測定しておくのがよいでしょう。