なかよしクラブ

わんにゃんドック

手術&レーザー

手術&レーザー
手術とレーザー治療について
レーザー症例 手術症例 手術の前に
手術症例

会陰ヘルニア

会陰部(肛門と泌尿生殖器の開口部周囲)を囲む筋肉群が萎縮して隙間が生じ、腸管・膀胱・大網などの腹腔内蔵器がお腹の外にはみ出すことを会陰ヘルニアと言います。
未去勢の高齢オスがなりやすいので、男性ホルモンの関与が考えられています。
筋肉の隙間に腸が飛び出した場合には、便秘や排便困難が見られるようになります。
稀ですが、膀胱が飛び出した場合には、膀胱が反転するため排尿障害が見られます。
症状があり肛門の横が膨れていた場合、会陰ヘルニアの可能性があります。

【手術写真を見る(クリックで拡大)】