なかよしクラブ

わんにゃんドック

手術・レーザー

Q&A

犬ワクチン

猫ワクチン

外部寄生虫について

内部寄生虫について

フィラリア

去勢・避妊のすすめ

マイクロチップ

フード選び

人間の食べ物で
与えてダメなもの

肥満

歯みがきについて

薬の飲ませ方

しつけについて

僧帽弁閉鎖不全症

ふるえ(振戦)

犬猫エキゾチックの年齢換算

うさぎの歯ぎしり

うさぎの病気予防

咳がでる原因には、色々なことが考えられます。


①ヒトで言えば風邪のような一過性の上部気道感染症や気管の病気

②アレルギーなどによる喘息・肺炎などの、主に呼吸器病に分類される疾患

③心臓からの咳


この中で、特に心臓からの咳は、非常に危険な咳であると言えます。
この咳を出す心臓病の代表としては、僧房弁閉鎖不全症(MR)(図1)があります。
参考までに正常な犬の心臓は(図2)となります。


図1:僧房弁閉鎖不全症/図2:正常な犬の心臓


ではこの心臓が悪いときに、なぜ、咳が出るのでしょうか?
これは、主に下記の3ヶ所の問題から咳を生じます。
・ 左房が拡張して気管支や気管分岐部を圧迫。
・ 肺静脈がうっ血することによる気管支の圧迫。
・ 肺水腫により咳が生じる。
このように同じMRであっても様々な問題を生じる可能性があります。
従って、治療内容も病態に合わせて調整する必要があります。
最近、咳が出て、なんだか元気がない。
こんな症状がある場合、ぜひ、動物病院での診察をお勧めします。



獣医師:村田 裕史