なかよしクラブ

わんにゃんドック

手術・レーザー

Q&A

犬ワクチン

猫ワクチン

外部寄生虫について

内部寄生虫について

フィラリア

去勢・避妊のすすめ

マイクロチップ

フード選び

人間の食べ物で
与えてダメなもの

肥満

歯みがきについて

薬の飲ませ方

しつけについて

僧帽弁閉鎖不全症

ふるえ(振戦)

犬猫エキゾチックの年齢換算

うさぎの歯ぎしり

うさぎの病気予防

便から排泄される消化管内寄生虫として回虫、瓜実条虫、鉤虫、マンソン裂頭条虫、猫条虫、鞭虫などがあります。その他、ジアルジア、糞線虫、コクシジウムなど顕微鏡で便検査をして見つかる寄生虫もあります。
感染経路は色々ありますが(経口・経皮・胎盤・母乳など)、やはり散歩途中で尿・便の臭いを嗅いだり、歩いた足を舐めたりして感染することが多いようです。その他、ノミが媒介したり飼い主さんの衣服やくつに付着した寄生虫卵などから知らないうちに感染していることもあります。


内部寄生虫


感染した場合、すみやかに動物病院を受診して駆虫薬の処置をしましょう。
お薬には注射薬、飲み薬と皮膚に滴下するお薬(猫のみ)があります。血便・下痢を伴っている場合はそちらの治療も必要でしょう。
少数寄生だと症状がでないこともあり、また感染していても糞便検査で虫卵が発見されないこともあるので、定期駆虫がオススメです。(定期駆虫については当院にご相談ください)

消化管内寄生虫はヒトに感染します。 回虫や瓜実条虫、鉤虫、マンソン裂頭条虫、猫条虫、鞭虫、エキノコックスなどはヒトにも感染します。
スキンシップのあと手を洗わない、一緒に寝ている、口移しや自分のお箸でごはんをあげるなどは動物に寄生虫がいたらヒトにうつりかねません。特に小さなお子様やお年寄りは抵抗力があまりないので過度のスキンシップは避け、犬や猫と遊んだ後は必ず手を洗う等ルールを決めるようにしましょう。


【ヒトへの症例】


犬猫回虫症
室内や砂場、動物の毛についた回虫の卵が口から入ることで感染します。幼虫のまま内臓や目、皮膚の下などに移行して様々な病害をもたらします。
幼児への感染は重症化しやすいので、特に注意が必要です。

瓜実条虫症
外部寄生虫について 参照

エキノコックス症
キタキツネへの寄生で有名ですが、犬猫にも感染します。ヒトへは感染動物の排泄物に含まれる虫卵が口に入ることで感染します。
犬は感染しても無症状ですが、ヒトが感染すると重い肝機能障害を引き起こし90%以上が死に至るこわい病気です。
*日本では主に北海道で確認されていましたが、2014年に愛知県でも確認されました。本州での確認はまだ少数ですが、広がりつつあるので注意が必要です。


担当:伊藤看護士

監修:春日部獣医師