なかよしクラブ

わんにゃんドック

手術&レーザー

手術&レーザー
手術とレーザー治療について
レーザー症例 手術症例 手術の前に
手術症例

膝蓋骨脱臼症候群

後肢の膝蓋骨(ひざの皿)が正常な位置から内方や外方にはずれた状態を膝蓋骨脱臼といいます。
初期は無症状の場合が多く、進行するとだんだんと跛行することが多くなります。
また両後足に起こるとO脚またはX脚になります。

原因として、先天性と後天性があります。先天性は、生まれつき膝関節のまわりの筋肉や骨・靭帯の形成異常などがあるもので、特にトイ・プードル、ポメラニアン、ヨークシャー・テリア、チワワ、マルチーズなどの小型犬によく見られます。後天性のものでは、打撲や高所からの落下などによる外傷などが原因となります。

グレードⅠ: 膝蓋骨は正常な位置にあり、足を伸展させて膝蓋骨を指で押すと脱臼するが、放すと自然に整復される。このレベルだと無症状の場合が多いが、ときにスキップ様の歩行をすることがある。
グレードⅡ: 膝関節は不安定で、寝起き時のように膝関節を屈曲していると脱臼し跛行したりするが、指で膝蓋骨を押すと整復できる。このレベルでは数年間、日常生活に支障はないが、さまざまな症状を呈しながらも骨の変形が進み、膝蓋骨を支える靭帯が伸びてグレードⅢに移行してしまう。
グレードⅢ: 膝蓋骨はつねに脱臼状態にあり、指で押せば整復できるがすぐに脱臼してしまう。
多くは、膝関節を屈曲させたまま歩行するので顕著な跛行がみられる、大腿骨や脛骨の変形も明らかになってくる。
グレードⅣ: 膝蓋骨はつねに脱臼し、指で整復出来ない。大腿骨や脛骨の変形もさらに重度となり犬は患肢を屈曲させ、うずくまった姿勢で歩行するか前肢に体重をのせ、患肢を浮かせたように歩行する。

治療は、膝蓋骨を正常な位置に戻す手術を行います。
進行して変形性骨関節症が起こっている場合には手術に適さないことがあり、痛みを和らげるための内科的治療が行われます。そのため手術はなるべく早期に行うことが重要です。
先天性の膝蓋骨脱臼を予防することは難しいため、この病気を持つ犬は繁殖させないようにすることが勧められます。

レントゲン写真

【手術写真を見る(クリックで拡大)】