なかよしクラブ

わんにゃんドック

手術&レーザー

手術&レーザー
手術とレーザー治療について
レーザー症例 手術症例 手術の前に
手術症例

変形性骨関節症(DJD)

DJDは、関節の変形や痛みがおこる病気で、原発性と続発性に分けられます。
原発性は加齢にともなって多く見られます。
またゴールデン・レトリーバーやラブラドール・レトリーバーなどの大型犬種では、股関節形成不全から二次的に変形性骨関節炎になりやすい傾向があります。
初期症状は、関節が痛いため、起き上がるのに時間がかかる、階段を嫌がる、歩行異常などです。
進行すると、捻髪音が聞こえたり、関節可動域が狭くなるなどの症状が現われます。
治療は消炎剤で痛みを緩和し、体重制限と運動療法で症状の進行を抑えます。
また関節軟骨保護成分のサプリメントも良いでしょう。
若い頃から、肥満に注意することが大切です。
また、無理な運動はできるだけ控え、足腰になるべく負担をかけないようにしましょう。