なかよしクラブ

わんにゃんドック

手術&レーザー

手術&レーザー
手術とレーザー治療について
レーザー症例 手術症例 手術の前に
手術症例

リハビリテーションとアイシング

1.リハビリテーション(リハビリ)

病気の動物に対して、できるだけの機能を回復させ元の生活に復帰できることを目的に、リハビリを通常の外科療法や投薬・注射などの内科療法に加えて行っています。
リハビリの効果としては、疼痛緩和、炎症緩和、筋肉の萎縮を最小限にとどめる・予防やする、筋力・持久力・関節可動域等を改善する、心血管系~全身の状態を改善する、などが挙げられます。



手術後個々の症例にあわせてリハビリテーションのプログラムを作成・実施しています。

1.アイシング

患部を冷やすことは血管を収縮させ血流を低下させるため、急性障害時に抗炎症効果や疼痛緩和、浮腫の軽減、筋痙攣の減少などに効果的です。手術後はもちろん、リハビリ後の筋肉・関節などにも行うことがあります。