なかよしクラブ

わんにゃんドック

手術・レーザー

Q&A

猫の慢性腎臓病

東洋眼虫

食道内異物

心臓病(僧帽弁閉鎖不全症)

外耳炎

椎間板ヘルニア
治療と予後

椎間板ヘルニア
症状と診断

猫下部尿路疾患

前十字靱帯断裂

ドライアイ

胃拡張胃捻転症候群

熱中症

犬ワクチン

猫ワクチン

外部寄生虫について

内部寄生虫について

フィラリア

去勢・避妊のすすめ

マイクロチップ

フード選び

人間の食べ物で
与えてダメなもの

肥満

歯みがきについて

薬の飲ませ方

しつけについて

僧帽弁閉鎖不全症

ふるえ(振戦)

犬猫エキゾチックの年齢換算

うさぎの歯ぎしり

うさぎの病気予防

「健康な動物に手術をするのはかわいそう…」という声もあるでしょうが、私たち家族の一員として暮らすペットにとって、不妊手術=去勢・避妊手術を考えることはとても大切なことです。


♂オスの去勢手術におけるメリット

・ 長生きする傾向がある
・ 僧帽弁閉鎖不全症(犬のみ)の発生率が低下する
・ 精巣や前立腺、肛門周囲腺腫(犬のみ)などの病気の予防
・ マーキング行動の予防
・ 性成熟に伴う攻撃性の抑制
・ 性的ストレスからの開放


♀メスの避妊手術におけるメリット

・ 長生きする傾向がある
・ 子宮の病気(子宮蓄膿症、子宮の腫瘍)や卵巣の腫瘍、乳腺腫瘍の予防
・ 発情期の出血がなくなる
・ 発情行動の抑制
・ 予期しない妊娠の心配がなくなる


×手術におけるデメリット

・ 全身麻酔をかけるため麻酔のリスクを伴う
・ 子供が産めなくなる
・ 太りやすくなり、肥満に注意しなければならない



当院では、去勢も避妊も、生後6~8ヵ月頃(=初回発情前)を目安に推奨しています。
犬・猫とも、初回発情前に避妊手術を行うと、乳腺腫瘍の発生率がとても低くなるからです。
手術と言うと怖いイメージもあると思いますが、高齢になると、ホルモンの異常で上記の病気を引き起こしたり、生殖器そのものが癌などの病変となり、全身に悪影響を及ぼす危険性があります。
妊娠を希望しないならば、病気の予防のために、長生きをさせてあげるために、若く体力のあるうちに手術をされることをお勧めします。
また、術前検査を行うことで、全身麻酔・手術のリスクを下げることをお勧めします。



担当:堀獣医師