なかよしクラブ

わんにゃんドック

手術&レーザー

当院について


院長挨拶


院内紹介


検査機器紹介


社会貢献活動1


社会貢献活動2

社会貢献活動

京都中央動物病院では社会貢献のため、当院内での取り組みの他、京都市獣医師会を通じて様々に活動、参加協力を行っております。

「Kyoto犬(ワン)ちゃんFoster Bridge」

この「「Kyoto犬(ワン)ちゃんFoster Bridge」」とは四国と京都を橋のようにつないで京都で四国の子犬の里親を募集する活動です。Foster は里親で、Bridgeは橋です。京都市獣医師会の新しい事業として、この「Kyoto 犬(ワン)ちゃん Foster Bridge」活動をスタートします。実際にポスターのデザイン、現地視察や写真撮影など調整にかなり時間がかかりましたが、「Kyoto犬(ワン)ちゃんFoster Bridge」のポスターデザインもついに完成しました。

なぜ、四国なのでしょうか?それは、四国地方は中部に山地や山脈が多く占める地形構造のために、人の手が入りにくい環境であり、野犬が多く生息しており、徳島県でも徳島動物愛護管理センターに収容される野良犬などが後を絶たず、センタースタッフが譲渡会を定期的に開催するも、引き取り手のない恵まれない犬が多数処分されている現状があります。そこで、このプロジェクトの目的は、徳島県動物愛護管理センターの殺処分頭数の軽減に寄与すると共に、「人と動物が共生できる街・京都」の実現を目指して京都市民の皆様に動物とのHappy Lifeの提供、そして、京都市獣医師会の公益事業の活性化を目指すことを目的としております。

今後ともこの「Kyoto 犬(ワン)ちゃん Foster Bridge」プロジェクトにご理解とご協力の程、何卒宜しくお願いします。


クリックして拡大
Kyoto犬(ワン)ちゃんFoster Bridgeの様子

【第1号犬】

「Kyoto 犬ちゃん Foster Bridge」プロジェクトの第一号の犬が先日、四国の徳島の愛護センターから当院にやってきました。様々な課題がありましたがようやく実現しました。
これからもよりたくさんの子犬の命を救い譲渡につなげていきたいと考えております。京都市獣医師会の会員病院で譲渡が受けられます。ぜひ、ご興味があればお近くの京都市獣医師会の会員病院へお問い合わせください。
Kyoto 犬ちゃん Foster Bridgeの第一号犬は無事に里親さんのもとに。この白い雌犬は、「ゆう」ちゃんと名付けられました。これは、僕の名前が裕史で、その名前をとって、ゆう(裕)だそうです。光栄です!Kyoto 犬ちゃん Foster Bridgeプロジェクトはだんだんと進んでおります。今後ともご理解とご協力を何卒宜しくお願いします。
だんだん大きくなってきました。
お散歩デビューも果たして近所の公園でのお散歩。すごく元気です。
(2020年2月撮影)
1号犬の成長:お友達のワンちゃんとのお散歩風景

【第2号犬】

「Kyoto 犬ちゃん Foster Bridge」の第2号犬が誕生しました。
この四国の保護犬活動である「Kyoto 犬ちゃん Foster Bridge 」ですが、決して早いペースではないですが、活動は進んでおります。京都市獣医師会が主体となっているため、ペットショップで犬を買うようには行かないため選択肢が少ないことや、一般的な保護犬活動と比較してマッチングなどの利便性など改善すべき点も多いのが事実ですが、京都市内の獣医師会の動物病院で確実なケアができるなど、通常の保護犬活動とは異なるメリットがあるのが強みだと思っております。もし、この四国の保護犬活動に興味があれば京都市獣医師会の会員病院にお問い合わせください。

【第3号犬】

ついに第三号犬の誕生です。これが四国から京都の新しい家族の元にきた子犬の写真です。
この子犬もとっても人慣れしていてかわいいそうです。春になり四国の保護センターでは子犬の出産ラッシュだそうです。ぜひ、多くの方にこの「Kyoto 犬ちゃん Foster Bridge」の活動を知っていただき、地道な活動でも少しでも前に進んでいきたいと思っております。皆様、宜しくお願いします。もし、この活動に興味があれば、京都市獣医師会の会員病院へお問い合わせください。

【第5〜8号犬】

だんだんと「Kyoto 犬ちゃん Foster Bridge」プロジェクトで譲渡されたワンちゃん達が京都市内に増えてきております。
今回は、一挙に5号犬から8号犬まで紹介です。この京都市獣医師会の「Kyoto 犬ちゃん Foster Bridge」に興味を持っていただけたら、当院や京都市獣医師会、あるいは京都市獣医師会の会員病院までお問い合わせください。

【徳島県獣医師会会報誌に掲載】

公益社団法人徳島県獣医師会の会報誌に掲載されました。
少しずつでも四国生まれのわんちゃんが増えればいいなと思います。 ご興味のある方は京都市獣医師会会員病院までお問い合わせください。

◀︎クリックして拡大

関西盲導犬協会における診療委託事業

京都市獣医師会と関西盲導犬協会による診療委託事業の締結により、診察担当獣医師として亀岡にある関西盲導犬協会に行き、センターにいる盲導犬の訓練犬を中心に、パピー犬、繁殖犬や盲導犬リタイア犬などの健康チェックや診療を担当します。

京都市獣医師会とJARMeC とNECが協力し、関西盲導犬協会の訓練犬の健康管理

京都市獣医師会が以前より行っていた関西盲導犬の訓練犬、盲導犬の診療や健康管理の委託業務ですが、この秋からJARMeC(日本動物高度医療センター)とNECが一緒になった新しい試みが始まりました。
この3者がそれぞれ、京都市獣医師会が動物診療の役割、JARMeC(日本動物高度医療センター)がプラスサイクル(ウエアブルデバイス)、NEC がクラウドサービスとAI(NEC the WISE)により関西盲導犬協会の訓練犬の健康管理を行う試みです。
この試みにより、訓練犬の健康管理や疾病の管理、病気の早期発見などが可能かどうか?これから様々なデータやアウトプットが出せれば非常に有益なことであると考えております。さらに、これらのデータが関西盲導犬協会だけでなく他のラブラドールやゴールデンレトリバー、他の犬種などでも応用し、健康管理や疾病の管理や早期の病気発見などに応用を目指していきたいと考えております。

関西盲導犬協会における診療委託事業

 「日本赤十字東北関東大震災義援金」 「関西盲導犬協会募金」 募金箱設置

当院待合室には募金箱が2つ設置してあります。
1つは「日本赤十字東北関東大震災義援金」で2014年3月18日に¥6,449-を振込み、これまでの総額が¥96,831-となりました。ご協力ありがとうございました。心より御礼申し上げます。

また「関西盲導犬協会募金」の募金箱を昨年度より設置させていただき、2014年5月9日に¥10,442-を募金させていただきました。
2017年5月30日募金額¥54,064-でした。
今後ともご協力を宜しくお願いいたします。 「関西盲導犬協会募金」募金箱・パンフレット 盲導犬の誕生から引退まで

↑クリックで拡大

京都夜間動物救急センター

京都市獣医師会は、京都市と京都府が新しく京都動物愛護センターを開設するタイミングで長年の念願であった夜間救急動物病院である「京都夜間動物救急センター」を2015年5月に開院しました。 この夜間動物救急センターは、全国でも珍しい形で動物愛護センターに併設されており、夜間は夜間救急動物病院として、そして昼には、愛護センター内に収容されている動物たちの治療や、京都市内のまち猫の避妊去勢の手術などを行う施設となっております。このように、「京都夜間動物救急センター」は京都市内の夜間における動物救急センターとして、更に、京都市内の動物愛護行政にも欠くことのできない施設となっております。 この「京都夜間動物救急センター」を開院するために、京都市獣医師会では夜間動物病院開設準備委員会が設置され、当院の村田はその準備委員として活動を行っておりました。その後、京都夜間動物救急センターが正式に開院してからは、この準備委員会は、京都夜間動物救急センター運営委員会となり、現在まで続いております。当院の村田は、この運営委員会の委員として2015年〜2015年まで活動し、その後の2016年4月からは、運営委員長となり、京都夜間動物救急センターの運営活動に参加しております。 また、運営活動だけでなく、非常勤での診療シフトの参加は、当院の村田だけでなく、当院の他の獣医師も参加しております。
京都夜間動物救急センター